頭痛に注意

	 curative

アグラゴールドはバイグラと成分が同じなので、起こる副作用も同じです。
アグラゴールドやバイアグラならではの副作用というのは特になく、
一般的なED治療薬によく見られる副作用が多いですね。
主な副作用としては、頭痛、吐き気、顔のほてり、目の充血、鼻づまりなどがあります。
アグラゴールドを服用することで血管が拡張されるので起こる副作用ばかりですね。
血管が拡張されて血行が良くなると、海綿体はもちろん、体中の血液の巡りは良くなります。
そのため顔にほてりが現れ、目と鼻の粘膜が充血することで目が赤くなったり鼻づまりが起こったりするんです。
ただ、アグラゴールドで一番報告の多い副作用は頭痛と吐き気です。
アグラゴールドは服用してから30分~1時間ほどで効果が現れますが、
効果が現れ始めると同時に、激しい頭痛や吐き気を感じる人もいます。
本来、アグラゴールドの効果と一緒に頭痛や吐き気を感じ、アグラゴールドの効果が薄れていくのと同時に症状が治まるんですが、
人によっては効果が切れる瞬間が一番副作用が酷く現れるという人もいますね。
アグラゴールドを服用していても市販の頭痛薬を飲んでも構わないので、
頭痛が酷い場合は頭痛薬でカバーしましょう。
アグラゴールドは非常に効果が強く現れる薬です。
日本では25mgと50mgが認可されていますが、100mgは違法です。
通販であれば100mgを購入することもできますが、日本人男性が100mgを一度に服用してしまうと、
副作用が酷く、セックスどころではなくなってしまいます。
まずは25mgから試してみて下さい。25mgであれば副作用もほとんど出ないと言われています。